PR

手作りプリンの冷やし方と時間:早めるコツは?

甘いデザートが無性に食べたくなり、手作りプリンに挑戦しました。

オーブンから出したばかりのプリンは、レシピ通りに「外の熱が取れたら冷蔵庫で冷ます」とあります。

しかし、「外の熱が取れる」とは一体何を意味するのでしょうか?

直接冷蔵庫に入れてしまうのは問題があるのでしょうか?

待ちきれず、さっさと冷やして食べたい!

そんなあなたのために、自家製プリンを早く、上手に冷ます方法と所要時間をご案内します。

手作りプリンの冷やし方:早く冷ますコツは?

自宅で作ったプリンは何とも言えない美味しさがありますね。

急にプリンが食べたくなって、自分で作ること、ありますよね。

できたてのプリンをすぐにでも楽しみたいですよね。

ただ、オーブンから出したてのプリンはとても熱いものです。

この熱々のプリンをどうにかして早く冷ます方法はないのでしょうか?

レシピによると「粗熱を取った後に冷蔵庫で冷やす」とあります。

しかし、手間を省いてすぐ冷蔵庫に入れたらどうなるのでしょう?

それが一番早く冷えそうな気がします。

でも、粗熱を取らずに冷蔵庫に入れるとどうなるのでしょうか?

実は、熱いプリンを冷蔵庫に入れると、プリンは冷えるどころか、冷蔵庫の中が暖かくなってしまいます。

暖まった空気が冷えるのに時間がかかるため、プリンの冷却も遅れます。

さらに、冷蔵庫内の他の食品にも熱が伝わり、傷んでしまう可能性があります。

ですから、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れることが重要です。

…とはいえ、「粗熱」とは何なのか、よくわからないですよね?

粗熱とは、加熱した直後の「手で触れられないほど熱い」状態を指します。

この状態で次の工程に進むと、食べ物の味や品質が損なわれることがあります。

次の工程がスムーズに行くために、温度を下げることを「粗熱を取る」といいます。

プリンの場合、次の工程は「冷蔵庫で冷やす」ことです。

そのため、冷蔵庫に入れる前に、適度に冷まさなければなりません。

プリンの粗熱を取る方法は、水を少し入れたバットにプリンを置くことです

水が温まったら2~3回替えると、プリンを速く冷ますことができます。

冷めたら、冷蔵庫でじっくりと冷やしましょう。

だいたい1時間程度で、おいしく召し上がれますよ。

プリンを急ピッチで冷却するアイデア

冷蔵庫でじっくり冷やすのは、時間がかかりすぎますよね?

そんな時には、氷水入りのバットを使ってプリンを急速冷却しましょう。

氷のキンキンに冷えた感じがプリンに直接伝わって、あっという間に冷えます。

ただ、プリンをきちんと冷やすには、結局は冷蔵庫が最適です。

でも、もっと速く冷やしたい気持ち、分かります!

では、他にどんな速冷法があるでしょうか?

…もし本当に急いでいるなら、冷凍庫を使う手もあります。

ただ、これは推奨される方法ではありません。

なぜかと言うと、うっかりプリンを凍らせてしまうと、せっかくのプリンがダメになってしまうからです。

冷凍庫で冷やす際は、決して凍らせないように気をつけてください。

凍らせてしまうと、プリンの水分が分離し、本来のプリンではなくなってしまいます。

冷凍庫で冷やす場合は、始める前に取り出すよう、慎重に見守りましょう。

温度管理に自信がある方は、試してみてもいいかもしれませんが、おすすめはしませんよ!(笑)

自家製プリンの冷却方法と所要時間のまとめ

自家製プリンを冷やす際には、最初に粗熱を取り、その後冷蔵庫でじっくり冷ますのが理想的です。

もし、プリンを急いで冷やす必要がある場合は、粗熱を取った後に冷凍庫で冷やすという手段も考えられます。

ただ、この方法は細かな温度調整が求められるため、一般的には推奨されていません。

プリンが持つ滑らかな質感をキープするためには、やはり冷蔵庫での冷却が最も適しています。

手作りプリンが美味しく仕上がることを祈っています!

タイトルとURLをコピーしました