PR

バスクチーズケーキが焼けたかどうか加減が判断できない!生焼けでも大丈夫?

バスクチーズケーキの生焼け状態が気になる方へ、その安全性についてやり方をご説明します。

このケーキは外側を敢えて焦がしていますが、その見た目からは想像できないほどの美味しさが隠されています。

焦げた外観に反して、内側は苦くなく、むしろ濃厚でクリームのような風味が楽しめます。

コンビニでも取り扱われるなど、注目を浴びているスイーツです。

  • バスクチーズケーキが生焼けになってしまう理由は?
  • 生焼け状態でも食べられる?
  • 理想的な焼き加減を達成するためのポイント

日本でも愛されているバスクチーズケーキですが、実はその材料はとてもシンプルです。

家でも簡単に作れるんです。

おいしいバスクチーズケーキを焼くための秘訣をお伝えしますので、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

バスクチーズケーキが中途半端に焼けてしまう理由

バスクチーズケーキが内側までしっかりと焼けない一般的な問題は、オーブンの加熱能力が足りないためです。

このケーキは、高温で速やかに加熱することにより、外側をすばやく固めて内部の水分を閉じ込め、クリームのように滑らかな質感を作り出します。

この方法は、レアステーキを作るプロセスと似ています。

適正な焼き加減を得るには、200〜230℃の高温が必要で、そのためにはパワフルなオーブンが欠かせません。

電子レンジ機能が付いた低火力のオーブンでは、望む結果が得られないことがあります。

そういったオーブンを使用すると、ケーキが均一に加熱されずに生焼けになったり、内部が過剰に乾燥してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

バスクチーズケーキの焼き加減をチェックする方法

バスクチーズケーキがうまく焼けたかどうかは、竹串を使って簡単に確認できます。

竹串をケーキに挿してみて、暖かいと感じるならば、ケーキは内部まできちんと焼けている証拠です。

もし竹串に冷たい生地が付着していれば、まだ中が生の状態です。

逆に、竹串に乾いたケーキの生地が付いている場合は、焼きすぎていることを示しています。

バスクチーズケーキは冷ますと適度に固まり、カスタードのようななめらかな質感が楽しめますから、焼きたてが少し柔らかい場合でも問題ありません。

スポンサーリンク

冷蔵しても形が崩れるバスクチーズケーキは安全?

冷えてもなお柔らかく、固まってないバスクチーズケーキは、中が十分に焼けていない可能性があります。

手間をかけて作った後に、食べても安全かどうか心配になるのは自然なことです。

バスクチーズケーキの材料はとてもシンプルです。

  • クリームチーズ
  • 砂糖
  • 生クリーム

これらの材料は、基本的に生で食べられるものばかり。

ですので、生焼けのバスクチーズケーキを食べても大きな問題は生じないでしょう。

ただし、レシピに小麦粉が含まれている場合は留意が必要です。

生の小麦粉は消化しにくく、食べると胃腸に負担をかける恐れがあるため、生焼けの状態で食べることは避けたほうが良いです。

スポンサーリンク

バスクチーズケーキの再加熱方法

バスクチーズケーキの作り方はシンプルながら、オーブンでの温度調整は難しい部分があります。

もしケーキが思ったよりも柔らかい場合、再加熱してみるのも良いでしょう。

オーブンを180~200℃に設定して、もう一度慎重に加熱します。

時間がない場合は、600W設定の電子レンジで30秒から1分ほど加熱して、食感を整えることができます。

スポンサーリンク

理想的なバスクチーズケーキの焼き方

美味しいバスクチーズケーキを焼くために避けたい生焼けを防ぐための、以下に四つの大切なポイントをご紹介します。

①材料を室温で準備する

ケーキの材料は、使う前に必ず室温に戻してください。

クリームチーズのように、冷蔵庫から出したばかりの冷たい材料を使うと、ケーキが均等に焼けず生焼けの原因になりがちです。

材料が室温になるまで待ってから、焼き始めることがポイントです。

②材料を均一に混ぜる

クリームチーズは、完全に滑らかになるまでよく混ぜる必要があります。

混ざりきっていないと、焼き時にケーキ内部に不均一な熱分布を生じさせ、中心部が生焼けになってしまう可能性があります。

フードプロセッサーを使用すれば、手早く均一な混合が可能です。

③オーブンの温度を正確に設定する

理想的な焼き上がりのためには、230〜250℃の高温で約25分間焼く必要があります。

焼く前に、オーブンを十分に予熱することが大切です。

オーブンの温度が低すぎると、ケーキが均等に焼けず、望んだ焼き色が出ないことがあります。

焼き中は、オーブンの扉を開けないようにしましょう。

④室温でゆっくりと冷ます

焼きたてのバスクチーズケーキは室温でじっくりと冷ますことが、内部まで火をしっかり通す秘訣です。

冷蔵庫で急冷すると生焼けを引き起こすことがありますので、焼き終わったら半日ほど室温で自然に冷ますことが推奨されます。

焼き立ては中が柔らかいので、しっかり冷えてからカットするのがベストです。

少々の待ち時間は、完璧な食感を得るために必要です。

スポンサーリンク

まとめ

・バスクチーズケーキが中まできちんと焼けないことがあるのは、多くの場合、オーブンの加熱力が不足していることにあります。
・生焼けの状態でもほとんどの場合食べることができますが、小麦粉が含まれるレシピについては、消化の面から摂取を控えた方が良いです。
・材料を室温まで温めてからきちんと混ぜ合わせるのが、成功の鍵です。
・冷却する際には、室温でじっくりと時間をかけることが推奨されます。

自宅でカフェレベルの美味しいバスクチーズケーキを作れるのは、とても魅力的です。

準備や焼き上げ、冷ます過程に時間はかかりますが、基本は材料を混ぜて焼くだけなので、何度でも挑戦することをおすすめします。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました