映画館ってペットボトルやおやつの持ち込み禁止?バレるとどうなる?

映画館に3歳の子供を連れてアニメ映画を観に行ったところ、映画館で売っている食べ物以外は、持ち込み禁止という張り紙を発見!

せっかく子供用にペットボトルのジュースやおやつを持って来たのに、映画を観ながら食べてはダメの?

荷物をチェックされるわけでもないし、こぼさないようにして食べればいいかな・・・とも思うけれど、バレて映画館のスタッフに注意されるのも嫌だし。

実際のところ、子供のおやつも持ち込み禁止なのでしょうか?

映画館に持ち込みが禁止なものと理由

映画館で販売している食べ物以外の持ち込みを禁止している理由は、

1.映画館が食べ物の売上で利益を得るため

2.ゴミを減らして、ゴミ処理にかかるお金を軽減させるため

3.においや食べる時の音、袋のガサガサ音などによる客同士のトラブルを避けるため

です。

特に、ファーストフードやアルコール類はにおいがきついので迷惑ですよね。

映画館の売店は「飲食店の営業許可」を持っています

ということは、カフェやレストランと同じなんです。

カフェやレストランに食べ物を持ち込んで食べませんよね。

ただ、カフェやレストランでは子供が食べられる商品が販売されていない場合には、赤ちゃん用の飲み物や食べ物などを持ち込むことができたりします。

その場合は、食べさせる前に店員さんに一言断りますよね。

映画館は「映画を楽しむ場所」です

赤ちゃんのおやつであっても堂々と持ち込むのではなく、音がしない、においがきつくない、パクッと口の中に入れられる小さいもの、例えばラムネなどをチョイスするのがよいでしょう。

後で紹介しますが、どうしても食べ物を持ち込みたい人は、子供用の飲食物が持ち込みOKの赤ちゃん、幼児連れ向け上映サービスを利用しましょう。

映画館に持ち込みがバレるとどうなる?

映画館に持ち込みがバレた場合には、

  • ロビーで食べてから入場する
  • 映画館スタッフに預ける

のどちらかになります。

スポンサーリンク

ただ、ペットボトルの場合はカバンの中に入れたりして、堂々と持ち込まなければ黙認されることがほとんどです。

ファーストフードの場合は、隠して持ち込んでスタッフにバレなかったとしても、他のお客さんから注意されたり、スタッフにクレームが入って注意されたりすることがあるでしょう。

おせんべいやポテトチップスのバリバリ音や、ファーストフードのにおいなどは周りの人の迷惑になります。

映画館に持ち込んで食べるのはやめましょう。

みんなが気持ち良く映画を楽しめるようにマナーは守りましょうね

赤ちゃん、幼児連れウェルカムの映画サービスがある!

小さな子供を連れて映画館に行くのはハードルが高いなぁ!と感じた人でも安心して映画を観に行けるのが、赤ちゃん、幼児連れ向けの上映サービスです。

・子供の飲み物、おやつは持ち込みOK

・映画を観ながら少しくらいならおしゃべりしてもOK

・赤ちゃんが泣いてもOK(おたがいさまの気持ちです

・音は小さめなので、大きな音が苦手な子も大丈夫

・照明は明るめなので、暗いところが苦手な子も大丈夫

これなら、子連れでもゆっくり映画を楽しめますね!

主に、MOVIXとTOHOシネマズでこのサービスが提供されています。

この他の映画館でも赤ちゃん、幼児連れ向けの上映サービスを実施している映画館があります。

ホームページに載っていなくても実施している映画館もあるので、ぜひ近くの映画館に問い合わせてみてくださいね!

まとめ

たとえ子供用であっても飲み物、食べ物の持ち込みがNGとなっている映画館ではルールを守りましょう。

ただ、ペットボトルの飲み物は堂々と持ち込まなければ黙認されることがほとんどです。

持ち込みがバレた場合には、映画館スタッフの指示に従いましょう。

赤ちゃん、幼児連れでどうしても飲み物、食べ物を持ち込みたい場合には、音とにおいに配慮したものにし、最小限にしましょう。

赤ちゃん、幼児連れOKの上映サービスを利用すれば、気兼ねなく子供の飲み物、食べ物を持ち込むことができるので、ぜひ利用してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする