車のトランクに灯油をこぼした!臭い消しには重曹?しみ込んだマットは?

寒い季節は、灯油を使った暖房機器による快適な室内温度の維持がかかせませんよね?

エアコンの暖房だとどうしてもお部屋が乾燥しがちになってしまったり、足元が冷たいままでなかなか思うような暖を取ることが実現できなかったりしますよね。

ということで車で近所のガソリンスタンドまで灯油を買いに行って、車のトランクに灯油をこぼしてしまったりしたご経験はありませんか?

おまけに、フロアマットにも灯油がしみ込んでいる場合、もう頭の中がパニックになってしまいますよね?

でも、安心してください。

今回は、そんな車のトランクに灯油をこぼしてしまったときの対処方法について、順を追ってご紹介していきたいと思いますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

スポンサーリンク

灯油の臭い消し!車には重曹?

灯油は少量でもすごい臭いがしますので、車のなかは一気に灯油くさくなってしまい気分も悪くなりますし、目がショボショボしてしまうこともあります。

さらにあろうことか翌日に、子供を乗せる予定でもあれば、なるべく早くにおいを取ってしまいたいと思うことは当然ですよね。

よく聞く灯油の臭い消しの耳寄り情報として、重曹やクエン酸を使った方法があります。

具体的には、ある程度拭き取った車内に重曹やクエン酸を巻いておくというものです。

ですが、 これは賛否両論あって、ニオイを消すことに成功したという声もあれば、ちっともニオイが取れなかったという声もまた存在しています。

程度の度合いにもよるところがあるのでしょうが、一度やってみるという価値は、少なくともあるのではないかと思います。

ただし、素人判断では結果的に納得できないことにもなりかねませんので、その点は納得した上で作業するようにしてくださいね。

灯油の臭い消し!車の場合ほかの方法は?

まず、灯油を車内にこぼしたとき、自分でできることは2つあります

1つは、大量のキッチンペーパーや市販の赤ちゃんのおむつを使って、灯油を吸い取ります

スポンサーリンク

もう1つは、お風呂場などある程度スペースの取れる場所で丸洗いすることです。

いずれにせよ、手間暇と労力と時間がかかりますので、心して取り組まなければなりません。

どちらの手法を取ったとしても、事前に中性洗剤を溶かしたお湯に、1時間くらいつけ置きをしておくことがポイントとなります

その後、1週間程度「天日干し」をすることで、完全に灯油が蒸発するまで待つようにすると、ニオイを消すことができますよ!

灯油をこぼした車のマットはどうする?

少量なら、先ほどの臭い消しの方法で臭いもとれたりしますが、灯油を車内に結構な量をこぼしたときの、一番楽な対処法はフロアマット交換です

ガソリンと比較しても、灯油は揮発性が低いため、人によっては2~3年もにおいが残っているといった声もないわけではありません。

そんなときは、多少コストが掛かってしまうことは致し方ありませんが、思い切ってフロアマットを新装することをおすすめいたします。

そもそもフロアマットは消耗品であるので、いつかは交換しなければなりません

そう思うと、きっと今が替えどきだったのだと納得することができるのではないでしょうか。

もちろん、専門業者にクリーニングをお願いすることもできますが、同じくらいの費用がかかってしまいますので、手間暇を考えても、交換してしまった方がリフレッシュできますよ!

車のトランクに灯油をこぼした!のまとめ

いかがでしたか?

そんなことはあり得ないと思っていても、まさか車の中で灯油がこぼれてしまうといった事態は、ブレーキを踏んだり、キャップがちゃんとしまっていなかったといったトラブルによって、誰にでも起こりうるトラブルです。

だからこそ、見舞われてしまっても、落ち着いて行動するようにして、なるべく早くストレスを解消できるようにしたいものですよね!

まずはキッチンペーパーや、赤ちゃん用のおむつでしっかり拭き取る。

その後、重曹やクエン酸で臭い取りを試してみる。

もしくは、中性洗剤を溶かしたお湯につけ置き、洗った後に天日干しをする方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする