テントの中に敷くものは?キャンプでマットに代用できるもの

家族でキャンプに行く予定で、キャンプ用品なんてほとんど持っていないけれど、やっぱりテントは必要ですよね。

何とかテントだけは購入してみた、あるいは、知人からテントをもらうことができたとします。

ですが、テント単体でマットなど付属品が付いてなかった場合、買うのももったいないので、毛布とかで代用できるのかどうか教えてほしいと思ったことはありませんか?

今回は、そんなキャンプ初心者の方でも、安心して利用できるテントのマットについてお話させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

キャンプでテント用マットなしはつらい?

キャンプでマットなどがない状態でテントを利用するのは、経験したことがある人ならほぼ100%の方が、「つらい」と答えるでしょう。

というのも、テントを張る場所は、石や硬いものがあったりする可能性のある地面そのものです。

その硬さがダイレクトに伝わってくることもあって、どうしても、眠るときなどには身体が痛くて仕方がありません。

ほんの一晩だからとはいえ、我慢できるような状態ではなく、結果的に楽しいはずのキャンプが、睡眠不足と健康不良で嫌な思い出になってしまうことにもなってしまいます。

では、快適なテント生活のために、どのようにすればよいのでしょうか?

キャンプで寝る時マットの代用になるものは?

とにかく、テントの中で快適に過ごすために、マットがあるのが最も良いわけですが、それがないとき、代用品としておすすめできるものを検討しなければなりません。

具体的には、テントの中に敷くもの、マットの代用になるものとして、

スポンサーリンク
  • 毛布
  • 銀色のシート
  • 段ボール

などが挙げられます。

とくに、朝晩の寒暖差があるため、なるべく保温効果のある柔らかな素材がおすすめです。

銀色のシートは、100円ショップでも手に入れることができますし、段ボールも不用品からもらってくると良いですよ。

それらを重ねて敷いた上に、さらに持参した毛布を合わせていただけると、随分と楽にテントで一夜を明かすことができることにつながります!

もちろん、毛布も汚れてしまっても捨てて構わないといったもので十分ですので、間違っても新品のものや上等なものは持っていかないようにしましょう。

銀色シートは持ち帰ってキレイに掃除して収納しておけば次回のキャンプ時にも使用できます。

段ボールは、都度処分できるところがうれしいですね。

テントの中に敷くものは?のまとめ

いかがでしたか?

ちょっとした工夫によって、アウトドアシーンが快適なものとなることはよく知られています。

そういった生活の知恵を試される場でもあり、それらを楽しむということもキャンプの醍醐味であると言えます。

また、お子さんにとっても、テントは非日常を最大限感じられる楽しみなものです。

テント用マットがなくても毛布、銀色のマットシート、段ボールで代用できます。

テントなんてもう二度とコリゴリといった、苦い経験にさせないためにも、親としてできることを施して、皆がハッピーになれるよう心がけていきたいものですよね!

こちらの記事も読まれています

キャンプでキッチンテーブルに代用できるものって何?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする