PR

100均で買える!おすすめの塩と、自宅で簡単盛り塩の作り方

自宅で盛り塩を作る際に必要なアイテムはどこで買えるのか、ご存知ですか?

実は100均で、必要なものが手に入るんですよ。

ダイソー、キャンドゥ、セリアなどで、さまざまな関連商品が見つかります。

ただし、時々、希望のサイズやセットがないこともありますよね。

個別に売られている商品や、セットになっていない商品も見かけることがあります。

そんな時には、インターネットのショッピングサイトが便利です。

特に「神棚の里」というオンラインショップで売られている盛り塩セットは、おすすめです。

美しく盛り塩を作るのにぴったりなんです。

オンラインなら簡単に購入できるので、手間がかかりません。

でも、100均で揃えたい方も多いはず。

そこで、ダイソー、キャンドゥ、セリアでどのように盛り塩関連商品が販売されているか、そして100均のアイテムを使った盛り塩の作り方を紹介しますね。

100均で見つける!簡単盛り塩セットとその作り方

店先やレストランの入口で、小皿に積まれた塩のピラミッドを目にすることがありますよね。

これが「盛り塩」と呼ばれるものですが、どんな意味があり、どうやって作るのかご存じですか?

今回は、盛り塩の目的とその簡単な作り方についてお話します。

実は、100円ショップで盛り塩用のセットが見つかるんです。

ダイソー、セリア、キャンドゥなどで手に入れることができ、これらを使ってもきちんと盛り塩を作ることが可能です。

特に「セリア」には、食器コーナーに盛り塩セットがあります

白い陶器の八角錐形の容器と小皿がセットになっていて、塩を詰めて皿にひっくり返すだけで簡単に盛り塩が完成します。

盛り塩を作る時のポイントもご紹介します。

  1. まず、八角錐に粗塩や天日塩を入れます。
  2. 次に、八角錐を上下に揺すり、塩が均等になるようにします。
  3. そして、塩が安定するまで少しずつ追加していきます。

ただ、キャンドゥでは専用セットが見つからない場合もありますが、適した小皿は豊富にあります。

盛り塩用の皿の形は、その目的によって異なります。

丸形、八角形、四角形の皿があり、それぞれ特別な意味があります。

また、色によっても効果が変わるので、金運アップや仕事運向上、恋愛運向上などに役立てることができます。

ダイソーやセリアでも同様の商品が見つかる可能性がありますが、店舗や時期によっては在庫がないこともあるのでご注意ください。

盛り塩は日本の古い伝統で、中国からの風習とされています。

奈良時代や平安時代に日本に伝わり、家の入り口で魔除けや厄除けとして使われてきました。

昔は盛り塩が貴重で、神棚や敷地内でパワーを得るために使われていましたが、病気や争いが多い時代には、災いや穢れを清めるためにも使われていました。

現代では、災いや穢れを防ぐため、または良い気を呼び込むために使われています。

塩は単なる調味料ではなく、人に良い影響を与える力を持っているのです。

100均で手軽に盛り塩!セットの見つけ方と塩の選び方

100円ショップでは、盛り塩用の八角錐形の容器と八角形の受け皿がそれぞれ別売りで販売されています。

これらを組み合わせても200円で、とてもお得です。

サイズは複数あり、それぞれの容器に合うサイズの受け皿も用意されています。

シンプルな白色のデザインは清潔感があり、神聖な雰囲気を感じさせます。

ただ、塩はこのセットに含まれていないため、別途購入する必要があります。

適切な盛り塩用の塩は、精製されていない天然製法で作られたものです。

添加物を含まない天然塩は邪気を払う力があり、盛り塩に最適とされています。

湿気を吸いやすく、形を保ちやすい粗塩が一般的です。

また、天然の色素が付いた塩も使用でき、色によっては特別な効果が期待できます。

天然塩には「岩塩」と「天日塩」の二種類があります。

岩塩は自然そのままの塩で、天日塩は自然の力で作られた伝統的な塩です。

市販の粗塩は少し添加物が含まれていることがありますが、盛り塩には使用可能です。

天然塩を探すのは少々手間がかかるかもしれませんが、インターネットで検索すると見つけやすいです。

ただし、国産かどうかは注意が必要です。

「天日塩」と表示された塩が最も自然な形での塩ですが、国産にこだわると選択肢は限定されます。

岩塩は粒が大きい場合が多く、盛り塩には向かないことがありますので、適切な粒の大きさの塩を選ぶことが大切です。

ダイソーで選ぶ盛り塩セットと塩の適切な選び方

ダイソーには魅力的な盛り塩セットがあります。

特に、盛り塩に使う可愛い小皿の豊富な種類が注目されています。

100均では風水に合わせた様々な色や形の小皿を見つけることができ、ダイソーの食器売り場では陶器製のさまざまなデザインの食器が揃っています。

これらは盛り塩の受け皿としてだけでなく、日常使いやお客様用としても活躍します。

ダイソーで盛り塩セットを選ぶ際は、部屋の雰囲気や運気を向上させるために、異なる色や形の受け皿を選ぶことがおすすめです。

盛り塩に適した塩としては、天然塩が最適です。

特に、天日塩や岩塩が推奨されています。

これらの塩は自然の力を引き寄せやすく、盛り塩を作る際には、八角錐の器具を使って三角錐や円錐形に盛るのが一般的です。

ただし、ダイソーでは「天日塩」を見つけることはできませんでした。

岩塩もありましたが、その粒が大きく、盛り塩には不向きでした。

しかし、必ずしも天日塩や岩塩を使用する必要はありません。

ダイソーでの購入を検討している場合は、「恵塩(めぐみしお)」という国産の粗塩が良い選択です。

この塩はにがりのみが添加されており、ほぼ天然の状態に近いので、盛り塩に使用しても問題ないと言えます。

お塩には古くから穢れを祓う効果があるとされ、家の入り口で塩を撒くことで悪い気を家の中に入れないようにする浄化の役割があります。

風水でも、盛り塩には家や部屋を浄化し、運気を上げる力があると言われています。

適切な方法で盛り塩を設置して、運気を向上させましょう。

まとめ

盛り塩の作成は意外と手軽で、少しのコツが必要です。

近所の100均、たとえばダイソーで手に入る盛り塩セットは非常に便利ですが、時には100円ショップのセットでは理想の盛り塩が作れないこともあります。

そういった場合には、「神棚の里」という店が提供する盛り塩セットをおすすめします。

オンラインで簡単に購入可能で、手に入れやすい点が魅力です。

新しい家への引越しや、部屋の模様替えなどの新しい始まりに、盛り塩を取り入れてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました