PR

縮んだニットを簡単に元のサイズに戻す方法!失敗しないコツを伝授!

季節の変わり目に、愛用しているニットの洗濯を思い立ちました。

何度も着用していたので、「大丈夫だろう」と安心して、洗濯機で普段どおりに洗うことに。

しかし、洗濯後に外に干してみると、思いがけず縮んでしまいました。

このセーターは一目で気に入り購入したものですから、サイズが合わなくなっても簡単には諦められません。

果たして、元のサイズに戻す方法はあるのでしょうか?

再洗濯で伸ばすことは可能でしょうか?

アイロンでサイズを戻せるのでしょうか?

それとも、専門のクリーニングで修復できるのでしょうか?

縮んでしまったセーターを見ると、がっかりしてしまいますね。

でも大丈夫です!

元通りにする方法が存在します。

この記事で、きつくなったセーターを簡単に元のサイズに戻す方法をご紹介します。

アイロン活用でセーターを元のサイズに戻す方法

冬になると欠かせないセーターですが、ウールなどの天然素材製品は洗濯が一苦労です。

水洗いなら通常の洗濯でも問題ないと考えがちですが、実はそうではありません。

ニットが縮む主な原因は、洗濯機の回転で繊維が絡み合うことにあります。

普通の洗剤を使用すると、ウール製のセーターは硬くなる傾向があります。

これは、シャンプーで髪を強く洗った時のような状態と似ています。

この絡み合った繊維が硬く固まることが、セーターが縮む原因です。

そこで、絡んだ繊維をほぐすことで、きついニットを元の形に戻すことができます。

アイロンのスチーム機能がここで役立ちます。

スチームで絡んだ繊維をほぐすことができるのです。

まずは、縮んだセーターをアイロン台に広げて置きます。

次に、アイロンを少し浮かせた状態で、高温のスチームを当てていきます。

このとき、スチームの熱さに注意し、火傷をしないようにしてください。

スチームと熱で繊維が柔らかくなるので、縮んだ部分をゆっくりと手で伸ばしていきます。

絡んだ繊維を意識しながら、慎重に作業を進めることが大切です。

希望のサイズになるまでこの手順を繰り返し、完了したらハンガーにかけて陰干しします。

乾燥中に時々手で伸ばすと、より効果的です。

手間はかかりますが、アイロンのスチームを使うことで、きついニットを元通りにすることが可能です。

自宅でのニットの縮み対策とクリーニング店の利用法

ニットが縮んでしまった時の対処法として、アイロンのスチームだけでなく、手洗いで再度洗って形を整える方法もあります。

家で再洗いする場合、洗濯機は使わず、エマールやアクロンなどの繊細な衣類向けの洗剤で手洗いをしましょう。

すすぎ時には柔軟剤を用い、慎重に行うことがポイントです。

洗ったニットは、形を整えてサイズに合わせたダンボールなどに入れ、陰干しにすると良い効果が期待できます。

ただし、この方法は自宅で行うには少々手間がかかり、根気が要ります。

そんな時、クリーニング店を利用すると良いでしょう。

多くの店舗ではニットの縮みに関して相談に乗ってくれ、細かい手順を丁寧に行ってくれます。

クリーニング店では、適切な柔軟剤や静電気防止剤の使用により、購入時のような柔らかな仕上がりに戻してくれます。

完璧な結果を求めるなら、プロに任せることが一番です。

手間も省けますし、安心できます。

ただし、クリーニング店によって品質に差があるので、信頼できる店を選ぶことが重要です。

間違った処理をされると、さらに縮む可能性もあるため、慎重に店を選ぶようにしましょう。

まとめ

洗濯によって縮んだニットは、いくつかの方法で元の大きさに戻せます。

アイロンのスチームを活用する方法、手洗いで再び洗う方法、またはクリーニング店に預ける方法などがあります。

これらをうまく使えば、元通りのサイズに復元することができます。

ニットの丁寧な手入れは、髪のケアに例えると分かりやすいかもしれません。

大好きなニットを長持ちさせるためには、適切なケアを心がけることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました