小松菜の根っこは食べられるか!?栄養はある?どう料理するの?

新鮮な小松菜の根っこが付いているものなどであれば、全て調理してしまいたい衝動に駆られることがありますよね?

そんなとき今までは捨てていた、小松菜の根っこも利用して料理できるのかどうか?

今回はその真相に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

小松菜の根っこに栄養はあるの?

小松菜は栄養価が高い緑黄色野菜であり、とりわけカロテンカルシウム鉄分が豊富なことでよく知られています。

そんな根っこは栄養分を吸収するために必要な部位であり、だからこそ、ほかの部分と比べても栄養価が高いことが期待されています。

そんな根っこを捨ててしまうことは、もったいないことであるだけでなく、みすみす栄養を取り損なうことにも繋がります。

では、小松菜の根っこをどのように活用すればよいのでしょうか?

小松菜根っこの食べ方!どう料理する?

小松菜の根っこの食べ方についてですが、代表的なレシピとしては、きんぴらするということが挙げられます。

和風だしとお酒お醤油みりん、お砂糖などで味付けをすることによって、シャキシャキと歯ごたえも良く、美味しい副菜として利用価値があります。

一味唐辛子などでアクセントを加えても、美味しくいただけますよ。

またごま油で炒めた、小松菜の根っこ炒めも美味しい一品としておすすめです。

栄養価の高い小松菜の根っこをさらに、セサミンの豊富に含まれた風味豊かなごま油で調理することによって、栄養バツグンな逸品になりますよ。

ほかにもタマゴで閉じたり、汁物椀物に添えるというだけでも、味わいもさることながら、簡単に食物繊維を摂取することができるので、利便性が高い食材と言えますね。

スポンサーリンク

小松菜の根っこを料理に使用することによって、レパートリーが増えるだけでなく、簡単に高い栄養を吸収することができますので、捨てることがもったいないと感じるようになりますよ。

お得!?小松菜の根は植えると再生する

そんな鮮度が良いからこそ、ついてくる小松菜の根っこですが、そのまま植えていると再生することも知られていることです。

再生させることができれば、何度でもリーズナブルに小松菜をいただくことができるとあって、家庭の主婦には朗報と言えますよね!

そんな小松菜の根っこの再生方法ですが、鉢植えではなく、地面にそのまま植えてあげることで、生育できるんです。

もしも、そのまま発芽して、成長することとなれば、小松菜の栽培・採取も可能となりますので、節約だけでなく、鮮度の良い小松菜をご家庭でいただくことができ、大変重宝すること間違いありませんね。

もちろんそのためには、土の状態や水やり、また肥料を加えてあげたりと手間暇はかかりますが、自分で栽培した小松菜を再び食卓で利用できるとあれば、嬉しいですよね。

小松菜の根っこは食べられるか!?栄養と料理のまとめ

いかがでしたか?

栄養価が抜群の小松菜の根っこ。

捨てるなんて、実はもったいないんですね。

炒めたり、汁物に添えたり料理方法はいっぱいありますよ。

そして、もう一つの小松菜の根っこの使い道は栽培することです。

小松菜を購入することなく、自宅で育てることができるとあれば、やはり見逃せませんよね。

手軽に簡単に育てることによって、家計に優しいだけでなく、お料理のバリエーションも豊富な小松菜をぜひとも栽培してみてくださいね!

こちらの記事も読まれています

小松菜の食べ過ぎは効果なし!?毎日食べるのに適切な量は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする