離乳食で果物の加熱はいつまで?バナナとりんご中期からは生でいい?

離乳食期にデザートとして果物をあげる方も多いですよね。

おかゆや野菜より嬉しそうに食べてくれて、ついついあげすぎちゃうことも…

果物の中でもバナナとりんごは、登場回数が多い食材ではないでしょうか。

今回は赤ちゃんにあげる離乳食、フルーツの加熱はいつまですればいいのか、バナナとりんごをそのまま生であげる目安と、注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

離乳食でバナナの加熱はいつまで?一日の適量と注意点

バナナの加熱をいつやめるか、それは家庭によって違います。

アレルギーが心配であったりすると、離乳食完了期を迎えるまでは加熱するというママもいますし、最初からそのまま生であげているママもいます。

平均だと中期〜後期くらいに、生のバナナをあげ始めるママが多いんじゃないでしょうか?

バナナの一日の適量は

初期 約20g (バナナ2cmほど)
中期 約40g (バナナ半分ほど)
後期 約60g (バナナ2/3本ほど)

バナナを初めてあげる場合は、1口からスタートさせましょうね。

注意することはやっぱりアレルギー。

重度の場合、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

加熱してもアレルギーの成分が全部なくなるわけではないので、加熱したから大丈夫、というわけでもありません。

また何回か食べていくうちに、徐々にアレルギー反応が出てくるケースもあるようです。

心配なうちは平日の午前中などに食べさせて、症状がでても小児科などにいけるようにしておいたほうが安心ですよ。

毎回少しずつ準備するのは、ちょっと面倒くさいな…と思いますよね?

そんな時、冷凍保存しておくのが便利ですよ♪

スポンサーリンク

>>離乳食のバナナは冷凍保存できる?輪切りやペースト状の方法は?

離乳食でりんごの加熱はいつまで?一日の適量と注意点

りんごは生ですと、赤ちゃんにとっては少し硬い食材。

生のまますりおろしてあげるより、加熱した方が甘みも出ておいしくなります。

そのまま生で食べさせるなら、手づかみ食べの練習として後期くらいからあげるのがベストです。

中期でりんごに慣れてきたら5mmほどの、角切りにしてあげてあげてみるのもいいかもしれません。

食べにくそうなら、少しレンジで加熱してあげると、りんごの食感を残しつつも柔らかくなり、甘みも出るのでおススメですよ♪

りんごの一日の適量は

初期 約15g
中期 約20g〜30g
後期 約30g〜40g

離乳食期は、りんごを少ししか使わないので余ってしまいますよね。

りんごは冷凍すると、シャーベットのようにシャリシャリとした食感になって、大人もおいしいデザートになるので、使いきれないりんごは冷凍するのがおススメです♪

注意することは、りんごもアレルギーのある食材なので、生であげる際はあげる時間帯に注意しましょう。

りんごなどの果物は甘いので、赤ちゃんも好む子が多いようです。

他の離乳食を食べなくなったということもあるので、あげる量にも注意が必要ですね。

離乳食で果物の加熱はいつまで?のまとめ

バナナやりんごなど果物を生であげる際は、アレルギーによく注意してあげましょう。

できれば平日の午前中に、一口からスタートさせるのがおススメ。

甘い果物は赤ちゃんも大好きなので、他の食材を好んで食べなくなってしまうこともありえます。

量に注意したり、他の野菜と組み合わせたりするのもいいですよ♪

こちらの記事も読まれています

離乳食作りでしらすの塩抜きっていつまでやる?そのままは何歳から?

離乳食で納豆の加熱はいつまでする?気になる量やたれの使い方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする