麗春の候の意味や読み方は?使う時期はいつ?例文も!

4月になると、ご自身の近況報告を兼ねて、お手紙を郵送するといった風習に則って、ご挨拶状をしたためることは、とりわけ社会人にもなりますと、直面する機会が増えていくものです。

ただ、だからといって、急に季節のご挨拶にふさわしい文書であったり、時候の挨拶ができるわけでもなく、予備知識と一般常識が必要となりますので、困ってしまいますよね?

今回は、そんな時候の挨拶のなかでも、麗春の候の意味や読み方、使う時期はいつなのか、例文もご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

麗春の候の意味や読み方は?

「麗春の候」とは、読んで字のごとく「れいしゅんのこう」が正解となります。

よくある時候の挨拶と同様、漢文調となっているので、いずれも音読みをすることになっているからです。

ただし、「麗春」という言葉自体が普段使用することもなく、ほとんど馴染みもありませんよね?

だからこそ、一度その読み方を覚えてしまえば、きっと二度と忘れることがなくなり、毎年使いこなせるようになりますので、ご安心ください。

そしてその意味ですが、「麗春の候」は「ヒナゲシの花が咲く季節になりましたね」と言う意味になります

これはすなわち、麗春が「雛芥子(ヒナゲシ)という植物の別称となっており、そのヒナゲシが咲き誇る季節であることを、喜ばしく思うといったニュアンスを表現するフレーズとなっています。

豆知識として、「麗春」だけで「ヒメケシ」と読むそうですので、合わせて覚えておいてもいいかもしれません。

麗春の候を使う時期はいつ?

そして、「麗春の候」を使用するのに適している時期についてですが、4月に入ってから、立夏の前日である5月4日までが一般的に使われることが多くなっています。

もちろん、東西南北に伸びる日本列島ですので、地域によって、季節感も少しズレていたり、違ってくることが容易に予想できます。

ですので、それぞれの送付先の住所地の状況に見合った時期に、「麗春の候」を用いて、使い分ける必要がありますので、注意するようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

麗春の候の使い方の例文

そんな「麗春の候」ですが、意味や使う時期は理解できたものの、なかなかうまく使いこなした文章が、思い浮かばないということもあるかと思います。

そんな方に向けて、麗春の候の使い方の例文を3つご紹介させていただきたいと思いますので、ぜひご参考になさってみてくださいね!

その1

「拝啓 麗春の候、○○様におかれましてはなお一層のご活躍のことと存じます」

最もシンプルかつオーソドックスで、失礼もなく、目上の人にもご親戚・ご友人にも使用することができる例文です。

その2

「拝啓 麗春の候、○○様にはその後お変わりなくお暮らしのことと存じます」

こちらは、送り先の方の現状がすでに把握できている場合であったり、ご活躍されていることが確実である場合です。

あなたのことを気遣っていますよ、意識していますよといった気持ちを込めることのできる例文と言えます。

その3

「拝啓 麗春の候、貴社にはますますご清栄のことと大慶至極に存じます」

やはり、どうしても会社・法人宛にする文書には、紋切り型ではありますが、このようなステレオタイプな例文がベストであると思います。

麗春の候の意味や読み方は?のまとめ

いかがでしたか?

ヒナゲシのことなんて全くもって知らなかったという声も少なくないとは思います。

そうとはいえ、日本の時候の挨拶として当たり前になっているため、やはりうまく取り入れて、ご挨拶をする必要があると言えますね。

こちらの記事も読まれています

惜春の候を使う時期は何月?読み方と意味や使い方の例文も!

春暖の候を使う時期はいつからいつまで?読み方と意味は?例文も!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする