洗面台のオーバーフローってどうやって掃除するの?臭いやカビのとり方

洗面台から水が溢れないようにする為の「オーバーフロー」。

水漏れ対策で画期的な穴ですが、最近では見た目重視で付いてない洗面台も多いのだとか。

イマイチ掃除の仕方がわからず放って置いてる人も多いのではないでしょうか。

臭いが気になり出して排水口を掃除したのに、まだ臭いがする…。そんな人はもしかしたら、原因はオーバーフローかも知れません。

いつも使う洗面台ですから、臭いもカビも気にしたくありませんよね。実は簡単にできる掃除の方法があるので、お教えしちゃいますよー♪

スポンサーリンク

洗面台のオーバーフローから臭いがするのはヘドロのせい?臭いのとり方は?

ヘドロは髪の毛や歯磨き粉、石鹸など様々な汚れがヘドロになり排水管にこびりついてしまいます。

またこのヘドロは強烈な悪臭を放つので、臭いの原因はこのヘドロにあることが多いんですね。。

長く放置していると、どんどん落としづらくなってしまいますので、定期的に掃除をして、ヘドロを溜めないようにしましょう。

  • 今あるオーバーフローのヘドロは、排水口用の掃除ブラシなどで掻き出して下さい。
  • 掃除ブラシなどでは取りきれないヘドロもあるので、市販の液体塩素系洗剤(パイプユニッシュなど)を適量注ぎ、時間を置いて水で流して下さい。

ヘドロや髪の毛などの汚れを、溶かし落としてくれますよ。

スポンサーリンク

洗面台のオーバーフローに黒カビが?!カビの取り方は?

オーバーフローの中は見えない為、どうなってるかわかりません。穴付近を覗いたりしてみて下さい。黒いカビがありませんか?長く掃除していなかったりすると、カビも生えてきてしまいます。

そんな時は重曹+お酢が効果的

オーバーフローにもナチュラルクリーニング出来ちゃうんです♪

重曹を粉のままオーバーフローの中に振りかけます。多めに入れるとより効果が出るのでオススメですよ!私はこれでもか!ってくらい入れてます。

そこに温めたお酢をゆっくり注いで下さい。

するとシュワシュワ泡が出てきます。この泡は人体に影響がないので安心して使えますよ。

20〜30分ほどおいて水を流します。

これで完了です。

ナチュラルクリーニングでなくてもOKな方は、市販のカビ取り用洗剤もオススメです。

スプレータイプで穴に吹き付けやすいので、見えない部分のカビも取ることができます。

使用する際は窓を開けて必ず換気をして行いましょう。

ゴム手袋などをして素手で薬剤を触らないように注意してください。

見えない部分なので、念入りにスプレーした方が効果が出ますよ。

そして20分程放置して、水を流すと黒カビがキレイさっぱり取れます♪

さいごに

洗面台は手を洗ったり、歯磨きをしたり髪の毛を乾かしたりと、毎日様々な時に使う場所ですから、汚れがつきやすく掃除しにくい場所ですよね。

今回お教えした方法は、手でゴシゴシこすらなくていいのでやりやすいかと思います。

オーバーフローは汚れ具合が見えないので、定期的にお掃除してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする